2012-09-12   特集  
8月に、嫁の実家の兵庫に帰省しました。で、嫁が地元の友達とヤンヤンやってる間、4時間くらいぽっかり空いた。子供もあっちへ行ってるので、一人兵庫に放り出された。

わあ。一人旅とか久しぶりすぎてめっちゃテンション上がる!




いろいろ情報いただいて、特に明石大橋とサファリパークが気になったのですが、やっぱりまずは城へ行くことに。

そしたら、ね、こんなこと言うんですよ。





いやいや、もう向かってますしね。











キャア。
びんぼっちゃまの家みたいなことになってる。

まあ、でもここまで来ちゃいましたし。入るか。



入ったとたんに動物園に誘われる。



城! 俺は城を見に来たんだよ!



姫路城のキャラ、しろまるひめからのお願い。





桜が弱ってるらしい。





なんとかしてあげたいのですが、具体的にどうしていいのか分からない。



悪い人のほうをキャラ化するパターンは初めて見た。姫路すごい。





カトちゃんはさあ、最近の子に通じるんだろうか。





一人で行ったのでかばんを撮りました。





入城の券か。そうか。





城壁を工事してます。攻めるなら今です。





菱の門。美しい。





立入禁止・通行止めの看板。



これで敵の進入を防いでいたに違いありません。



千姫が住んでたといわれる西の丸へ来ましたよ。





雰囲気にあわせた消火栓って一定の需要あるのかしら。





千姫が居たとこ。





姫力。新しいワードが出てきました。





るの門。隠し扉みたいでかっこいい。





金属だからあれだけ誤字脱字チェックしたのに、やっぱり間違えるっていうあるある。





サインペンでなんか書いてますけど大丈夫ですかね。







皿屋敷のお菊って、姫路城の話だったのか。





あれ、天守閣入れる。工事してるとこ見学できるみたい。なんだー! 言ってよー!





ガラス張りのドスケベエレベーターで上へ。





なんか屋根っぽいところ。





お、やっとるね!





天守閣(の絵が描かれたプレハブ)から姫路駅のほうを見たとこ。





池田輝政の家紋が逆になっちゃってるやつ。



昭和の修理のときに間違っちゃったらしい。池田は怒っていいとこ。



だいたい城見ちゃったので、最初のほうにあった動物園行く。



キリンを「立」にするのは相当無理が無いか。



暑いから動物奥に引っ込んでて全然居ない。







象の姫子は居た。





暑すぎるので建物へ避難する。はくせい展示室だって。





かわいそうな書き出しと、めずらしいのでゆっくりご覧ください、という結び。
感情が振り子のように行ったり来たりする文章。





これがトラの子。





エリマキキツネザルの食べ物可愛いな。俺もこんどから好きな食べ物聞かれたらこう答えよう。





当の本人たちは陰で死んでる。





空室、と書いてくれるのはとても親切だと思う。こういう檻って、ずっと探しちゃうから。あれ鳥かな? みたいな感じで。





乗り物コーナー。シーソーの相手であるところの熊の額になんかべたべた貼ってる。





おかねを入れろ。大人は乗るな、と書いてる。稼働中、これがずーっと目の前に居るのかー。





もりのタクシー。ウサギが後ろから顔を出してて可愛い。





うしろから見たところ。あぶねえよ!





このあたりで時間切れになったので、穴子丼食べて帰りました。

姫路城、フルバージョンも見てみたかったですけど、あれですよ、なんか、弱ってる姫路城も良かったですよ。
工事現場なんてなかなか見られないですし。
まあ、兵庫は毎年帰ることになりそうなので、また来年来ようと思います。
と思ってさっき姫路城のホームページ見たら平成26年まで工事やってるって。
長すぎない? こののんびり感は、現代に敵が居ないからじゃないだろうか。なんか、攻めるぞ〜! みたいのが周囲に居れば、実は今年中に終わるんじゃないの? 攻めるぞ〜! みたいな軍団居ないの? 維新の会とか?






2012-08-20   創作  
桃太郎さん、桃太郎さん。お腰ににつけてるものは何ですか?
へえ、きびだんご。きびだんごって言うんですね。おいしそうですね。
その、きびだんご、ですか、きびだんごね、いっぱいありそうですね。ね、いっぱいありますよね。
あの、それ、もし良かったら1つもらえませんか。
あ、ほら、おすわり出来ますよ私。かわいいでしょ。おすわりかわいいでしょ!? ちょこん! ちょこり〜ん!
あと回ったり。くるりんぱ! おだんごくださいな!
あれっ、じゃあもう一回行きますね、くるりんぱ! からの〜ちょこり〜ん!!! はい、だんご……あれ?

え? はあはあ。鬼退治に。へえ〜ご立派ですね。さすが桃太郎さん。あと私ね、ほら。立てるんですよ。10秒くらい。ほらっ! ほらほらっ! すごいでしょ! はい、だんご……あれ?

あーもうはいはい、すいません! 私が悪うございました! 出し惜しみしました! はい! 歩きま〜す! ホイ! ホイ! ホイ! ホイ! ホイ! はい、だんご……あれ?

はい、それはさっき聞きました。鬼退治行くんですよね。すごいですね。あ、そうだ! 最近覚えたやつ! 刀で斬る真似してください。ホントに斬っちゃ嫌ですよ? はい、そう、ズバッ! や〜ら〜れ〜た〜! パタン。
なーんちゃって。ほんとに斬られたみたいだったでしょ? これあんまり出来る犬居ないっすよ? 良かったですね見られて。はい、だんご……あれ?

ん? 誰がですか? これからですか? いや、ちょっと都合悪いですね。え? なんか、あれです。呼ばれてるんです。あの、親戚が来るから、家に居ろって、なんか親が言ってて。良くわかんないんですけど、おまえは居ろって。次は行けると思うんですけど。次行きますよ。連絡してもらえれば。
あーじゃあ、分かりました! あれやっちゃいますか! ちょっと待っててくださいね。すぐ戻りますから!



じゃ〜ん、三輪車に乗って再登場〜! あれ、どこいったんですか桃太郎さ〜ん!
ギコギコ……







2012-08-18   告知  
オオギリダイバー3

またギリギリの告知ですいません。明日8/19の昼間です。声かけていただいたので、のこのこ行ってきます。
大喜利のイベントで、将棋のルールを持ち込んでやるっていうやつです。
1回目のやつに呼んでもらって、なんの歪みか知らないですけど決勝まで行ったのですが、今回はそうはいきません。そうはいきませんっていうか。

オオギリダイバーについて説明しますと、大喜利とダイバーという単語で構成されています。
大喜利については、なんだろ、適当なこと言うと大喜利が好きな人たちに怒られてしまうのでなんも言えません。それではダイバーについて説明しようと思ったのですが、これもダイビングとか好きな人たちのことを考えると適当なことが言えません。
でも、どっちかを説明しないといけないってなった場合、この記事を見る人の割合から言って、多分、あの、大喜利が好きな人が見に来る可能性って高いじゃないですか。逆にダイビング好きな人が「お、何何」とか言ってクリックしてくる可能性ってほぼ無いじゃないですか。だから、ダイバー部分について説明しようと思うんです。ここは。えいやっと。ダイビングについて説明します。シュノーケル。シュノーケルが必要です。あれっていくらぐらいなんですかね。4000円くらい? あと水中メガネ。広いほうが魚がたくさん見られます。多分。広いほうがいいです。あと使ったらよく拭いてください。乾いた布で拭いてください。それでは、終わります。






2012-08-06   思考  
息子の話ばっかりにはしたくないんだけど、たまってる息子の話をする。

誰に似ているか本当に分からない。
色が白いし、目も細いっぽいので嫁寄りではあるような気がするんだけど、全体的には全然似てない。
身内じゃない人が見ると意外と似てるもんだよ、という話があるけど、嫁と子供だけで外出すると「お父さん似かな?」とか言われるらしい。それだけ似てない。

なんとなく、親族の間で結論は出ていて、おじいちゃん(俺の父親)似、みたいなことになってる。ただまあ、これも「わあそっくり!」みたいな感じではなくて、なんつーか、こねくりまわしたあげく出た苦肉の策、みたいな。日本にはこんな料理は無いけど強いて近いものを挙げれば茶碗蒸し、みたいな。そんな感じの。

で、この前写真を整理してたんですけど、あの、俺、写真整理にはGoogleのPicasa使ってるんです。で、Picasaにね、顔判定の機能があって、こう、人物ごとに写真をグループ分けしてくれる。だから、ダーッと写真をつっこんでおけば、息子の写真だけを見ることができたりする。

その機能を使って息子の写真をスライドショーで見てたら、嫁のお母さんの写真が1枚だけ紛れ込んできた。おうっ! ってなった。いや全然いいんだけど、いつもお世話になっておりますし、全然出てきてくださって良いんですけど、今こっちは息子息子って感じでスライドショー見てるから。おばあちゃんのよそ行きのキリッとした写真がスッて入ってきたので、おうっ! ってなった。ガス式の椅子がプシュー! ってなった。

Googleが、息子とおばあちゃんを間違えた。

ときに、この顔判定は若干厳しめ側にチューニングされてて、例えば、結婚式のときの嫁の顔と、家でメロディアスなやかんの真似をしている嫁の顔は、別人と判定する。まあ、こういうときは厳しめに判定するのは正解だと思う。最初に別人と判定して、あとから「こいつとこいつは同一人物」って統合する作業のほうが、一緒くたになったものから別人の写真を1つ1つ救い出す作業より簡単だからね。
で、その、厳しい判定をかいくぐってですよ、キリッとしたおばあちゃんがスルリと入り込んできたのはすごい。よっぽど似ていないといけない。

あと、逆に、「おばあちゃんと判定された写真一覧」のほうを見てみたら、息子が2枚紛れ込んでいた。息子におばあちゃんタグがついてた。そこまで似てるのか。機械の考えてることは分からん! ワシはもうついていけんよ! 田舎でカブを作って暮らすよ! 田舎 カブ 初心者 で検索。

まあでもまじめな話、多分こういう顔判定のやつってさ、眉毛と目の距離とか、顔に対する目の大きさとか、なんだろ、そういう特徴的な数値を使って出してるんでしょ。ということは、おばあちゃんと息子はほんとに顔のつくりが似てるんだろうなー。

我々人間は、目が似てるだけでなんか9割似てるような感じがする。一方で、機械の顔判定は、淡々と数値を比較して割り出す。どっちが信用できるって、こっちのほうが信用できる。

ということは、見た目が全然似てなくても、実は似てるなんてことがあるかもしれない。
例えばぜんっぜん佐々木希とかけ離れている人が「佐々木希に数値的に似てます」みたいなことがウッカリ成り立ったりする。今まで芸能人に似てるなんて言われたこと無かった人にも、まんべんなくチャンスが来る。

そういう数値的な近さをはかるのだったら、顔じゃなくても、例えば1ヶ月の体温の変化が嵐の桜井君そっくりとか、おしっこ行った回数がGacktと一緒とかそういう感じもアリかもしれない。今後記録されるものが増えていけば、そういう近さも計れる。
データが増えれば増えるほど、どこかしらで、誰かと似ているんだと思う。そうなってくると、もう、「似てる」って何だろね、という話になってくる。

ちなみに、うちの子はうんちの回数がかなりの頻度で俺と一緒です。内蔵系は俺に似ているのかもしれない。







2012-07-30   思考  
いやー怖いなーと思ったことがありまして。

あのー、先日、息子の写真を撮ってもらいに写真館へ行ったんです。
ここがまあ、なんというか、自然な服で自然な感じでものすごく良い写真を撮ってくれる。遊んでる感じとか、棚に腰掛けたのとか、カメラマンが数時間張り付いてくれる。あー、写真集みたいな。写真集みたいなのができる。

あの、なんというか、我々の、我々おのぼりさんの発想としては、写真館って、タキシードとか和服みたいの着て真正面からパシャリ、みたいな印象がある。で、子供用だと、着るものが着ぐるみとかになるだけで、結局は真正面からの構図でパシャリ、みたいな。
事実、有名な系列の子供用写真館に行ったら、そんな感じだったんです。しかも俺、「写真館はタキシードだろ」という発想があるものですから、タキシード選んじゃった。子供に着せるレンタル衣装、タキシード選んじゃった。いろいろあったのに。かろうじて嫁が蜂を選んだので、蜂も撮れたけど。良かったー。

全然関係ない話ですけど、嫁のお姉ちゃんのとこにも同じくらいの子供が居て、お姉ちゃんも蜂を選んだそうです。あるんだろうね。蜂が良いという、共通の発想の元が、あの姉妹にはあるんだろうね。なんだろ、蜂に対する良い感情って。学校帰りに蜂に蜂蜜分けてもらったこととかあるのかな。俺は、自分の記憶を蜂で検索すると負の感情しかない。検索語候補に「蜂 死んでほしい」「蜂 怖い」とかが出る。1番目の記憶は、庭にスズメバチが巣を作って家族一丸となって駆除したみたいなやつ。2番目は子供の頃清里に遊びに行ったときに背中に蜂が入り込んだこと。俺もギャーだし、蜂も多分ギャーだよね。誰も得してないからほんとやめてほしい。

蜂はどうでもいいわ。写真館ね。そんな思いがありましたので、その、嫁がどっかから情報仕入れてきて予約した写真館も、俺はこう、まあ、ぶっちゃけなめてた。

それがこう、えー! 売ってるやつみたいだなあ! みたいな写真を撮ってくれたもんですから、うひゃーってなって。これすっごい良いよなーって。
で、誰かに言いたい言いたいってなってたんですけど、この前、いまのオフィスに同居してる人と外歩いてて、その話をしたんですよ。「子供の写真撮ってもらいに行ってきたんですよー」って。その人も子供居るので、まあ、話題にしてもいいかなと思って。

そしたら、「こういうのですか?」って。
そこがちょうどカメラ屋の前で、2階が写真館、って書いてある。交通量の多い道路に向かって、七五三の女の子の真正面からの写真、ザ・七五三っていう感じの写真がでっかい看板になって掲げられている。それを指さして「こういうのですか?」って。

「違う違う、こういうのじゃないんです! 僕も写真館ってこういうのだと思ってたけど、すっごい良かったんですよー!」みたいな感じでね、ノリノリで話をしたんですけど。

それが1ヶ月かそこらくらい前ですかね。

で、今週。そのカメラ屋の前通ったら、業者が看板の張り替え作業してるんです。
やっぱり七五三風の写真だったんですけど、女の子がさ、和服で、床に寝そべって、ほおづえついて、斜め向いてるの。あれー! 崩してきたねー!
はあ、ここってこういう写真も撮れるんだなあ、と思いつつ、えーなんかものすごく怖い。俺ちょっと前に大はしゃぎで写真館の前で「こういうのじゃない!」って喋ってたなあー。俺かなー。いやー駐車場があるような大きめのカメラ屋なので、店内には聞こえてないと思うんだけど。でも、俺もうここ2年くらい通ってて、看板は古来ずーっとあった。なんでこのタイミングで変えるの?
俺に「こういうのじゃない」って言われた日の夜にクソー! って決意して写真撮って看板発注かけて取り替えた、みたいなスケジュールがすごく現実的に見える。こういうのほんと心苦しい。ほんとすいません。俺かなー。

ということで、最近はなんとなくカメラ屋の前を通らないようにしてるのですが、なんか駅まですっごい近い道を見つけた。2年通ってるのに。あとなぜかそこだけすっごい田舎。畑とかある。タイムスリップしたみたい。果汁のように溢れる蝉の声。そこをワーイ! って毎日通ってる。夏ですね。





<< 2| 3| 4| 5| 6| >>
このサイトについて。
ヤスノリさんが適当にあることないことを書くサイトです。1997年11月からあります。現在Ver.3です。

詳しいことやお仕事についてはこちら

書いてるものとか、出てるものとか

オモコロのライターやったりやらなかったりしてます。
特集一覧
日記一覧


今日の商品 というしょうもない企画がはじまりました。

オフ喜利4は7月14日(土)・新宿ロフトプラスワン!
「オフ喜利」というオンラインでテキスト書いてる人はオフラインでも面白いのかを検証する大喜利イベントをやってます。新宿ロフトプラスワンで不定期開催中。


オフ喜利のDVDが出てます。送料込み980円ダス

週刊アスキーの大喜利コーナー「Web0.2」。オフ喜利メンバーと連載中です。(ただいまヤスノリは休業中)

WEB0.2 頑固親父が威厳をなくした寝言の内容とは?
で、その悪ふざけが本になりました。あっぱれか喝かで言ったら間違いなく喝。

オモコロ! あたまゆるゆる大全
オモコロ本出ました。



あわせて読みたいブログパーツ